クリエイターの自己分析、一般的な自己分析との違いは?

業界研究や面接対策に比べ、やることが曖昧で、「何をしていいか分からない」に陥りやすいのが自己分析。
特にクリエイター志望の学生は、学校の課題、ゼミ、就活用のポートフォリオ作成…とやる事が多く、後回しにされがちな作業です。ですがクリエイターの就職活動においても、早いうちにやっておかなければならない重要項目のひとつです。
では「なぜ重要なのか?」を一つ一つ紐解いていきましょう。

クリエイターの自己分析1

クリエイターの自己分析、何をしたら良いのか?

就活の軸を作ると良い、というのをよく耳にすることがあると思います。
ここで出てくる“軸”というのは、かみ砕いて言うと“自分が大事にしている価値観”のことです。
クリエイター志望の場合、一作品に、持っている価値観が反映されていることが求められます。大げさに言うと軸が決まらないと作品が作れないということになるのです。では価値観はどのように明確にしていけば良いのでしょう?
まずは自分の人生を振り返ってみることが重要です。
……

会員向けの記事です。続きはログインしてご覧ください。


▼クリ博ナビで参加受付中の合同説明会▼

合同説明会に参加して、自分にピッタリの業界、企業を研究しよう!
→クリ博ナビのオンライン合同説明会・イベント一覧はこちら